大平正芳記念財団
公益法人大平正芳記念財団 当財団の紹介 本年度の贈呈式及び各賞の概要 大平正芳記念賞の歩み
研究助成費の歩み 財団の定期刊行物 大平正芳の著書・研究所 大平正芳記念館



〒768-0060 香川県観音寺市坂本町7-2-16 п@0875-23-1236



● 記念館概要 ●

1階は、大平正芳先生の郷土に関する 個人的資料を中心に「大平文庫」の収蔵庫 及び「環太平洋連帯構想」関連図書・資料の展示室になっています。
また「東京サミット」や1979年7月7日の 「お国入り」(首相就任後初の帰郷)等の ビデオの閲覧室もあります。


1階展示室

2階は先生の政治家への足跡を表わす写真を中心に,首相在任中の様々な資料が展示されています。特に先生が郷里に帰られた折、起居された和室がそのまま展示されています。






2階展示室
1階「大平正芳記念賞」(第1回・1985〜)「環太平洋学術研究助成費」(第1回・1987〜)に関する受賞図書及び資料の展示コーナー。
1階「大平文庫」―図書目録を参考に自由にご覧いただいております。「環太平洋連帯構想」に関する東南アジア諸国の図書・資料の充実を図っています。 


●記念館収蔵品●

大平家から寄贈された先生愛用の遺品 のほか、吉田茂・池田勇人両元首相の遺墨や郷土の先輩・島津寿一先生の資料や 写真も収蔵されています。
左下の額装は、1972年9月29日、日中共同声明の日、 北京市中南海の宿舎で先生が詩作されたもの。日中国交の裏面史を語る重要なもので、 二階堂進先生から寄贈されました。


愛用の文房四宝と色紙

額装(1972年9月29日)

大平メモ(池田首相辞意表明・1964年11月25日〜)

 

●豊浜町・大平記念室●

豊浜町は、観音寺市内から車で約10分。JR観音寺駅からは、予讃線で松山方面へ1つ目の豊浜駅下車。
町内の大平先生の関連施設として、町役場に隣接する文化会館内に「大平記念室」があります。また、国道11号線沿い(町内では大平記念通り)の八幡神社境内に銅像、燧灘に面した松林 の一角にお墓があります。


豊浜町文化会館

大平先生の墓

大平正芳記念室


大平正芳総理の銅像
大平正芳記念館
〒768-0060 香川県観音寺市坂本町7-2-16
п@0875-23-1236